大寒波対策

大寒波、、、怖いですね。

北国出身の同僚から、関東は水抜き栓が無いから、水道管の凍結に気をつけなと教えて頂きました。

 

へ、、、?

水抜き栓??

なにそれ???

 

寒い地域では、水道管凍結、さらにそれに伴う水道管破裂を防ぐために、水抜き栓というものが当たり前のようについているそうです。

我が家には親戚に至るまで寒い地域に縁のある者がいないので、初耳でした(@_@;)

 

では、水抜き栓の無い地域はどのように対策したら良いのでしょうか?

教えて頂いたのは、とにかく水を出しっぱなしにして、凍結させないこと。

もしくは断熱材で水道管を保温することみたいです。

東京ガスTwitterで、凍結予防方法を紹介しているので、見てみてください。

 

さて、我が家の場合ですが、

水道管は基本的に屋内、地中にあります。

そのため、1日中暖房をかけて、外気より暖かくしていれば凍結はなさそうです。

念のため、夜寝る前に給湯器で50度のお湯を1〜2分ほど流し、水道管内部の水温を上げておきました。朝もお湯を同じように出しっぱなしにして、昼間仕事で不在でも凍結しにくいようにしておきました。

給湯器については、一応凍結防止機能はあるので、その対策をしました。

屋外にある散水栓は、ほぼ使わないので、仮に壊れてもすぐには困りません。工事費も保険料で賄えると想定しています。そもそもほぼ地中にあるし(汗)

 

 

考えすぎでは?

と、思われる方もいるかもしれません。

しかし、10年に1度みたいな時は、少しやり過ぎ位がいいと思います。

やらなくて後悔するよりも、

やりすぎたね〜なんともならなかったね〜心配しすぎたね〜と、思える方が、後々良いと思います。

 

皆様の水道管も、心配し過ぎで終えられることを願っています!